那須塩原で出会いたいオーストラリアの商人

ここがどうやって出店したのかも面白い
当時3人の関東富者のうちの1人と呼ばれていたオーストラリアの商人
那須塩原で出会いはその味に恋をして横浜から引っ張った。
「天保1年」(1830年)の7代目です。

那須塩原出会い

那須塩原で出会いの態度も味があります
食欲を誘う香りがファン
格子の外に流れる昔ながらのスタイル。
これはうなぎ屋です!私はそれができると思います。
(^_^)


たかひろヾ(* ' - ' *)マタン♪
あはは
強度があっても
体は正直w

 


今私の胃は叫んだ

しかし
口の中で
「私は食事をしています、そして、私はまったく空腹ではありません...」

私は那須塩原で出会いのようなものを言うだろう

その女

そんな強さは言わずに食べられます!君は! !
(^ω^)9メートル

 

コメント