空気が悪化した三重の出会い

店の空気をどんどん悪化させてほしい。

それは言った不満でした。三重の出会い

終わり。

忘れないでください。 (* '艸 `)笑
今日は千葉市美術館へ行きました。
この美術館は大学の先生である祖母先生によって教えられた美術館です
タイトルにはありますが、なぜこの博物館は思い出になったのでしょうか...

三重の出会い
千葉駅にある美術館なので、ここに着くのに1時間半以上かかり、私が通っていた会社の反対側の場所です。
その頃、私は会社に行く前に会社に行きました...仕事を終えた後、私はこの美術館に行きました、そして、私は最初私のクラスに会うことができませんでした...三重の出会い
先生から推薦されたのですが、「おすすめの本のデザイン展を見たいのですが、見ているのなら、見に行けないのです」との理由もあります。

 

 

三重出会い

 


「授業を休みたくないことはわかっていますが、就業日なのでその日に行ってください!」
「パソコンやスマートフォンが出てくると思いますが、見たいのなら見てもいいと思いますが、実際に散歩してデザインやアートを見たいと思います」
私は祖母の先生に言われました
私は美術館に行きました


もちろん、当時やっていた展覧会はとても興味深いことに、それは当時私がしていた問題の大きなヒントでした。
それから私が私が心配していた展覧会があったら、私は場所が遠く離れていてもそれを見るためにしばらく時間をかけ始めました


そんな機会を作ったのは祖母先生で、この美術館でした。


導入はもう少し長くなっています...三重の出会い

私が見たのは「ここから始まった絵本、Walter Craneの本の仕事」でした。


Walter Craneは、近代絵本の基礎を築いた19世紀後半のイギリスでは重要な人物のようです。
私は十分に勉強していなかったので私は名前を知りませんでした...しかし私が仕事を見たとき、このイラストはこの人のためのものでした! いくつかありました。三重の出会い


今回、日本ではじめてクレーンさんが本格化それはメインになった展覧会でした。展覧会の内容には、現代の絵本の基礎を築いたと言われているクライン氏によるイギリスの咲く花が含まれていました。絵本の世界を楽しめる展示会。三重の出会い

コメント